HOME

ファクタリング会社が入金前に倒産したらどうなる?売掛金は戻る?

売掛金をファクタリングにより、現金化することは金融機関からの融資を待つ時間的な余裕がない会社にとって短期間で資金が調達出来るため魅力的です。ですが、ファクタリング会社も資金繰りの悪化により、売掛金の買取後に入金が出来なくなる可能性があります。そもそも、多くの売掛金の買取に対応する場合、ファクタリング会社も現金資産が必要となり、資金計画を高い精度で行う必要があります。
もし、ファクタリング会社が突然資金難に陥り、売掛金の買い取り代金を支払えないなった場合、売掛金を取り戻せるか心配になるはずです。先ず、売掛金は資産扱いになり、譲渡された時点でファクタリング会社の資産になってしまいます。そして、資金繰りの悪化により支払が出来なくなる状況では、他の利用会社への支払も滞る状態となり、他社も債権者となり得ます。
さらにファクタリング会社自体が金融機関から融資を受けている場合、債権の回収は金融機関が優先され、売掛金を売却した会社の優先権はどんどん低くなってしまいます。その上、利用している会社と回収された金額が分配され、回収できたとしても少ない金額となってしまいます。そのため、ファクタリング会社へ売掛金を売却する際は、ファクタリング会社自体が倒産もしくは破綻するリスクが無いか評価することが重要になります。

2社間ファクタリングは手数料の明細に要注意!

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べて、手数料が高いことから売掛金に対する資金調達額は少なくなってしまいます。2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社の利益分、売掛金の譲渡に関わる固定費用、そして売掛金に掛けられる掛け目があります。掛け目は、2社間ファクタリングでも売掛金の入金後、ファクタリング会社に入金することで差額分が戻ってくるものです。
ですが、ファクタリング会社の中には悪質な会社も少なからずあり、この掛け目を明確に見積に記載せず、ファクタリング会社が得る手数料として組み込むことがあります。2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べ、ファクタリング会社でも貸倒リスクとなってしまうため、リスクを考慮した利益確保のため高い利益を見込んでいます。ですが、この点を悪用し、掛け目を組み込んでしまうことで本来は返金する必要がある分までも利益としてしまうことがあるため、利用する際は見積書に掛け目の割合が必ず記載されているか確認することが重要です。もし、掛け目の記載が無く、高い手数料の割合だけが記載されている場合は契約は行わないことが重要です。契約書に押印してからでは遅く、押印しては自社に不利なものとなってしまいます。

一度の利用で改善可能ですか?毎月の利用は経営悪化に繋がることも!

ファクタリングは、既に発生している売掛金を取引先からの支払前に現金化できるため、資金繰りに苦しむ際にはメリットがあります。例えば、大口契約の支払が翌月にあるものの、当月に支払が重なってしまった際には前倒しで現金を得られることとなり、支払を対応してしまう心配がありません。
しかし、ファクタリングの利用が効果的なのは、売掛金の貸倒リスクをヘッジする以外には一時的な現金の調達となります。そもそも、ファクタリング自体は支払期日前の売掛金を短期間のうちに手にするものであり、あくまで翌月などの前借方法となっています。つまり、翌月に売掛金で得られる収益が減ってしまうということであり、定期的な売掛金の発生では翌月も資金繰りに苦しみ、翌々月も苦しんでしまうといった負のスパイラルに陥ってしまいます。
そのため、ファクタリングを利用する際は、一時的な利用で資金繰りが改善できないか、繰り返しの利用で資金繰りがより悪化しないかなど、経営全体での判断が重要になります。先ずは、目の前の支払のために資金調達をする分には翌月以降の資金計画は調達後で良いものの、その後は直ぐに翌月に資金調達の必要性を確認することが重要です。そして、経費の無駄を少しでも見つけ、抑制することが重要です。

Pick Up Contents

取引先との信用は良好なのに3社間ファクタリングがNGな理由とは?

企業間との取引については、信用が重要視されています。取引先との信頼関係が良好かつ売掛金も優良債権であっても、3社間ファクタリングが利用出来ないケースがあります。それは、取引先が債権譲渡に承諾しな…

»more

こんなファクタリング会社は注意!最低利用期間の制限がある!

売掛金を売却譲渡するファクタリングは、取引の性質上、3社間ファクタリングであれば売掛金をファクタリング会社に売却した時点で取引完了です。取引先からファクタリング会社への支払入金は自社には関係あり…

»more

早くそしてより短期間で高い資金調達を行いたい!

ファクタリングで売掛金を売却する際、売掛金の金額に対して一定の割合が掛けられた資金調達額になってしまいます。その他、ファクタリング会社の利益分、債権譲渡登記に掛かる費用、その他出張対応費用などの…

»more

ファクタリングは赤字決算OK!でも審査に通過出来る保証ではない!

売掛金は会計管理上、資産に分類されるものであり、それを売却することは資産を売却することとなり、ファクタリングは融資には該当しません。そんため、金融機関からの融資のように信用審査が行われ、決算状況…

»more